高級ペンで使えるジェットストリームの替芯を紹介

パーカー『ジョッター』をレビュー。安くておしゃれなボールペンが欲しい方にぴったりな一本!

PARKER-JOTTER

パーカーは一世紀以上の歴史を持つ、英国王室御用達のペンメーカーです。美しいデザインに定評があり、高級ペンブランドとして日本でも高い人気を誇っています。

高級ペンブランドと言っても、どのペンも高額というわけではなく、リーズナブルな値段で購入できるものもあります。それが今回紹介する『ジョッター』です。

ジョッターはパーカー初のボールペンで、リリースされたのは1954年のロングセラー商品です。

金額がリーズナブルな分作りはややチープに感じますがデザインは格好良く、「ちょっとおしゃれなボールペンが欲しい」という方にはぴったりだと思います

デザイン

ステンレス製の軸

パーカー_ジョッター01

軸がツートンカラーで、特徴的なデザインとなっています。カラーバリエーションは限定品も含めるとかなり豊富で、カジュアルな格好良さがあるボールペンです。

ちなみにジョッターの軸はステンレススチール製。プラスチック製のペンよりも高級感がありますし、当然耐久性もあります。

パーカーの象徴である『矢羽クリップ』

パーカー_ジョッター02

パーカーの全てのペンで採用されている『矢羽クリップ』。この矢羽クリップには、「未知への挑戦や新たな可能性を探し求めるなど、 志を抱く人々の道しるべでありたい」というメッセージが込められています

伝統的な象徴でありながら非常に格好良い矢羽クリップですが、その意味も知っておくと更に素敵なペンに見えてきます。

使用感

全体的に作りがチープに感じる

パーカー_ジョッター10

ジョッターを握ってみると、金属軸のボールペンの割には重量が軽いと感じます。

はかりで計測してみると、重さは14グラム。よくあるプラスチック製の多色ボールペンと同等の重さです。

パーカー_ジョッター03

分解してみると、軸は薄肉に見えます。こうも薄くて軽いとチープに感じますが、思いっきり指で押しつぶそうとしても変形はしないので耐久性は問題ありません。

カチカチ鳴るノック音

ジョッターはノック式のボールペンですが、ペン先を出し入れすると「カシャンカシャン」と結構大きな音がなります。チープな感じがしますが、意外と癖になる感触です。

ただし会議などで使うと音が響くため、人によっては使いにくいかもしれません

書き味

握り心地

パーカー_ジョッター08

ステンレススチール製の細軸で、握りやすさについては可もなく不可もなくといった具合。

ちなみにペンの重心はペン尻(ノックボタン)側にあります。ペンを立てて書くと安定しないので、ペンを寝かせるような角度で握ると書きやすくなります。

リフィル「クインクフロー」はそこそこインクフローが良い

パーカー_ジョッター04

油性ボールペンとしてはそこそこインクフローが良く、またペン先のボールもスムーズに回転してくれます。

パーカーのボールペンには「クインクフロー」というリフィルが採用されていますが、海外ブランドの油性ボールペンでは書き味が良い方です。

と言っても日本メーカーが作る低粘度油性ボールペンと比べると書き味が劣ります。なので書き味の良さを求めるなら、同規格のジェットストリームのリフィルに交換するのもありです。

滑らかな書き味を求めるならジェットストリームのリフィルに換装

パーカー_ジョッター05

パーカーのボールペンで使われるリフィルは一般的に「パーカータイプリフィル」と呼ばれており、多くのメーカーが同規格のリフィルを採用しています。

パーカー_ジョッター06

パーカータイプと同じ規格のリフィルで、ジェットストリームのインクが充填されたものが三菱鉛筆から発売されています。

ジェットストリームと言えば油性ボールペンとは思えないほど滑らかな書き味が売りで、日本国内でも人気の高いボールペンです。

パーカー_ジョッター07

ジョッターのリフィルをジェットストリームのものに替えるだけで書き味が滑らかに、そして線もはっきりと濃い黒色になります。

パーカーのくインクフローは決して書き味が悪いわけではありませんが、更に滑らかな書き味を求めるならば、是非ジェットストリームのリフィルに替えてみるといいでしょう。

最後に

パーカー_ジョッター09

金額的にリーズナブルなので、作りとしてはチープに感じられるところもあります。特にノック音はカシャンカシャンと大きな音が鳴るので、ビジネスやオフィシャルの場で使おうと考えている方には注意が必要です。

しかしデザインはカジュアルでおしゃれ。この価格帯で格好良いボールペンを欲しいというのであれば、ジョッターは必ず選択肢に入ってくるでしょう

  • 筆記具にあまりお金を掛けたくない
  • でもちょっとおしゃれなボールペンを使いたい

という方にぴったりのボールペンだと思います。